中性脂肪を減らす方法!痩せやすい体になる5つのポイント

diet1
中性脂肪を減らすことで、自動的に体脂肪も減らしていくことができるます。なぜなら中性脂肪が脂肪細胞の中にたまって、エネルギーとして使われないまま残ってしまったものが体脂肪だからですね。

さて、中性脂肪を減らしていくにはなにをすればよいのでしょうか?

 悪い生活習慣や食生活を改善する

 炭水化物(糖質)や糖類を控えるようにする

 炭水化物を完全に抜くのではなく、食べ過ぎている人は適量に抑えるようにする

 EPA・DHAなどを含んだ食品かサプリメントを補う

 腸内環境を整え、便秘を改善する

以上の5つのポイントを守っていれば、自然にやせられる体質になるでしょう。

一番大事なのが、正しい生活習慣と食生活です。これを改善すると正しい代謝になるはずですが、便秘症の人は詰まりがあるので、必ず改善しないと、いつまでたっても、代謝は上がりません。

また、良質な脂質は体にとってとても大切で必要なもので、EPAやDHAは中性脂肪を減らす効果があります。一度に沢山とっても意味がないので、毎日、適度に青魚をとっていきたいのですが、なかなか難しいので、これはサプリでいいのではないかと思います。

このように5つのポイントが痩せやすい体になる重要事項なのですが、ホットヨガではほとんどをカバーしてくれます。週に1回通う程度で、体がどんどん変化するのがわかります。

次の記事「ホットヨガダイエットの痩せる効果」へ

脳みそを使って体脂肪を減らす!

diet3体脂肪を減らすには、体脂肪を二つにわけたほうがわかりやすいので、分けてみました。

2種類の体脂肪とは?
 皮下脂肪
 内臓脂肪

皮下脂肪皮膚と筋肉の間にたまる脂肪のことで、二の腕などにつくと「ぜい肉」と名前を変えます。

内臓脂肪はその字のとおり、内臓にそのままつく脂肪で、内臓脂肪がたくさんついてくると生活習慣病のリスクが高まります。

脂肪を減らしていくにはバランスのよい食事と適度な運動がよいといわれます。
でも、人間の体内で最もエネルギーを必要としているのは「」です。頭を使って難しいこと考えると実はかなりカロリーを消費します。

ヘンな話ですが、いわゆる偏差値の高い賢い高校や大学に入って勉強している人たちは、あまり太った人はほとんどいないのが現状です。肉体だけでなく、脳をしっかり使ってカロリーダウンができる証です。

特別に無駄に食べ過ぎなければ、毎日運動をしなくても痩せることができます。
では、なぜ、そんなに食べていないはずなのに、太ってしまうのだろう、という人は食事や生活習慣を今一度見直したほうがいいかもしれません。

次の記事「太りやすい生活習慣とは?脂肪が燃えない理由」へ