中性脂肪を減らす方法!痩せやすい体になる5つのポイント

diet1
中性脂肪を減らすことで、自動的に体脂肪も減らしていくことができるます。なぜなら中性脂肪が脂肪細胞の中にたまって、エネルギーとして使われないまま残ってしまったものが体脂肪だからですね。

さて、中性脂肪を減らしていくにはなにをすればよいのでしょうか?

 悪い生活習慣や食生活を改善する

 炭水化物(糖質)や糖類を控えるようにする

 炭水化物を完全に抜くのではなく、食べ過ぎている人は適量に抑えるようにする

 EPA・DHAなどを含んだ食品かサプリメントを補う

 腸内環境を整え、便秘を改善する

以上の5つのポイントを守っていれば、自然にやせられる体質になるでしょう。

一番大事なのが、正しい生活習慣と食生活です。これを改善すると正しい代謝になるはずですが、便秘症の人は詰まりがあるので、必ず改善しないと、いつまでたっても、代謝は上がりません。

また、良質な脂質は体にとってとても大切で必要なもので、EPAやDHAは中性脂肪を減らす効果があります。一度に沢山とっても意味がないので、毎日、適度に青魚をとっていきたいのですが、なかなか難しいので、これはサプリでいいのではないかと思います。

このように5つのポイントが痩せやすい体になる重要事項なのですが、ホットヨガではほとんどをカバーしてくれます。週に1回通う程度で、体がどんどん変化するのがわかります。

次の記事「ホットヨガダイエットの痩せる効果」へ

痩せたい人必見!体脂肪と中性脂肪の違いは?

diet6体脂肪中性脂肪、どちらもよく聞きますよね。

脂肪を細かく内訳したもののうちの一つ、ということはわかるのですが、まずそれぞれがどのような性質のものなのかを順番に見ていきましょう。

後の説明をわかりやすくするため中性脂肪から見ていきます。

 中性脂肪
 血液中に含まれる脂質の一つ
 脂質や炭水化物などの食べものからつくられる
 血液中でエネルギーとして利用されるが、多すぎると余って脂肪細胞の中に蓄えられる

 体脂肪
 脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪が、エネルギーとして使われず残ったままの状態のもの

中性脂肪がいずれ体脂肪へと変わっていくんですね。二つは同じものだったんです。

中性脂肪は体にとって大切なエネルギーなので絶対に必要ですが、多すぎて血液内で処理できなくなると体脂肪になるんです。体脂肪を作らないためには中性脂肪を増やさないような努力が必要となってくるわけです。

次の記事「脳みそを使って体脂肪を減らす!」へ